東京 茨城 栃木の任意売却・住宅ローンの無料相談なら

任意売却アドバイザー HOME任意売却について

任意売却について

任意売却について

任意売却って・・・アンケートの結果知らない人がほとんどでした

通常、住宅ローンを滞納されて競売が開始されてしまった場合、知識不足のために、ただ何もしないで競売を待つ方がほとんどです。 でも債権者と弊社が話し合いをしてあなたが競売より圧倒的有利に再出発ができる方法があるのです! 

競売の取下書1 競売の取下書2 競売取下書3住宅金融支援機構
競売の取下書(クリックすると3種類の大きい画像が表示します)

任意売却とは

「任意売却」とは、ローンを滞納してしまった場合に所有者と債権者が話し合いによる合意のもと、競売になる前に所有している住居を自らの意思 すなわち「任意」で適正価格で売却し、今抱えている住宅ローンを一括返済する方法です。残りのローン残額未満での売却が可能です。競売よりも優れている点として、売却価格やその時期の調整を自身で行うことが可能となり、その上に引越し費用(使用用途の自由なお金)まで捻出されることです。しかし売却金額については、事前に、債権者の同意を得ることが必要です。


任意売却にかかる費用が無料のワケ・・・

エムズコンサルタンツのような私たち正規の宅地建物取引業者は法で報酬額の上限(仲介手数料)が定められております(400万円以上の取引で売買価格の3%プラス6万円に消費税) 任意売却が成立し、取引時に仲介手数料として報酬を頂くわけですが、ローンが滞って支払いもままならないのに不動産屋に手数料が支払えない・・・と嘆く必要はありません。 
あなた(債務者)より頂く仲介手数料は任意売却の場合、売買代金の中から債権者・抵当権者側(金融機関やサービサー)より売却費用として認めて貰えます。つまり、あなたが支払う必要はありません。仲介手数料のみならず、司法書士に対する抵当権抹消費用や滞納管理費など本来売主が負担する費用を売却代金の中から費用として認めてくれます。
しかも、引越し費用まで貰える可能性があります。(ただし、その分返済金額は減少します)
エムズコンサルタンツでは任意売却を依頼頂いて万一、成約できなかった場合は当然手数料も発生しませんし、別途費用を請求することもございません。
弊社がコンサルタント料などの他の名目で別途に請求することもございませんのでご安心ください。

任意売却について 任意売却相談HOME

任意売却のメリット

任意売却のメリットは大きく分けると9つです

1.自分の意思で売却することができる

競売にかけられ、苦労して手に入れたせっかくの自宅が二束三文の値段で知らない誰かに買われていくよりも、自分の意思によって売却を決められることは、前向きな気持ちのまま新たな人生を再スタートすることができます。

2.手元に資金を残せる可能性が有る

競売と違い、引越代を用意できる可能性が高い。
数年前なら100万円以上の引越費用を認めてもらえることもありましたが現在債権者が認める金額は20万円〜30万円程度が多いです。さらに新しい買主からも謝礼(数十万円)がもらえるように交渉できる場合もあります。

3.競売よりも高値で売れる可能性が高い!

早く任意売却に取り掛かれれば、実際の市場価格により近い金額での売却が可能となります。 従ってより多くの借金を返済できるようになり、残債務も減りますし、債権者も競売より早く・確実に・競売より多くの貸したお金を回収できます。

4.競売とは違いプライバシーが無視されるようなことがない

一般の不動産売買と同様の販売方法となりますので、ご近所に売却理由を知られる心配はほとんどありませんし、場合によって親しみのある地域に住み続けることも可能です

5.所有者の持ち出し(売却時にかかる費用)がゼロ

ご依頼人の持ち出し金が全くかからない仕組みです。弊社の不動産仲介手数料は売却代金から費用として充てられるので料金の心配ありません

6.売買契約交渉の中で引越し日について相談できる

競売とは違い、突然、新しい落札者が来て急な立ち退きを迫られることはありません。
エムズコンサルタンツではお客様のご事情を最優先に引越しの日時を調整します。

7.新しい生活の再スタートを気持ち良くスタートできる

競売ですと、他の債務等が残るケースがほとんどです。
任意売却では、競売よりも残債(売却後に残ったローン)が少なくなる、または全て無くなるケースもあり、債権者の残債務の対応(分割支払の金額など)も競売の場合とは全く違います。

8.自宅に住み続けることが出来る可能性がある

競売では当事者が入札に参加できませんし、身内や知り合いが落札できるかどうかはギャンブルと同じで賭けです。任意売却ではご事情を詳しくお聞かせ頂ければ、利害関係人と調整してそのままご自宅に住み続けられる様にすることも可能になります。

9.弊社のサポートが受けられる

数多くの皆さんの再出発をお手伝いしてきた任意売却専門業者の責任として、エムズコンサルタンツでは不動産の売買が終わった後でも残債務等の処理のアドバイスや不安や疑問に至るまでお客様が気持ちよく再出発が出来るようにサポートいたします。

任意売却について 任意売却相談HOME

無料電話相談

任意売却業者の選び方

任意売却業者の選び方

任意売却」についてどんな業者に依頼すればよいのでしょうか? 不動産屋に知り合いなんていないし、困ったなぁと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。また、お困りである現状の中、足元を見られて騙されるのでは?と心配な気持ちでおられることでしょう。

エムズコンサルタンツでは必ずご相談者様に、何故当社を選んだのかお聞きしております。

当社を選んでいただいた経緯の中では、心無い業者に良いように言われ、販売活動をせずに放置されていたり、正しい手続きをしない事で金融機関に任意売却を認められなかったり、任意売却を受けた担当者が投げ出してしまったりなんて話はよく聞く話です。

もちろん、当社を含めた専門の不動産業者は全国各地に存在しますが、自社物件が欲しいが故に、知識もなく安易に任意売却を受けてしまう不動産業者も数多く存在するのです。

それっぽい、ホームページならお手本を参考に幾らでも作れますし、広告も取材もお金をかけても元が取れればと不動産業者は考えますから、任意売却について、それらしき事が記載されていたとしても、本当にその業者が処理できるかどうかは疑わしいと思うべきなのです。

そもそも、不動産を競売前に売却し、単純に債務に充当するだけのお手伝いなら誰でもできますし、ご相談者様にとっても一概に競売より任意売却が有利だとは言えないのです。

ご相談者様の生活再建に向けてのご意向は100人いれば100通りあるのです。

決して任意売却だけが最善ではないことをご提案したり、住宅ローン以外の債務・税金をどう整理するかのアドバイスや、時にはご親族間の問題に立ち入ることでしか解決できない問題もありますから、専門知識や経験・実績はもちろんのこと、ご相談者様側に立ち合理的なアドバイスができることが一番、任意売却業者として必要な資質だとエムズコンサルタンツ考えております。


では、実際に「任意売却」をお願いできるするときの業者選びについてのポイントをお教えします。

  1. 任意売却・競売について、時間軸を説明できるか。
  2. 債権者への手続き方法や債権者の処理方針などを説明できるか。
  3. ご自身の意向や現況について親身に耳を傾けてくれるか。
  4. 競売・任意売却後の生活について説明してくれるか。
  5. 住宅ローン以外の債務処理について相談にのってもらえるか。
  6. 物件地区の土地勘があり、最寄の任意売却の実績があるか。
  7. ホームページなどに会社詳細や代表者の写真が記載されているか。



売却する際の選択肢は、競売を含め大きく分けて<4つ>あります。

  1. 競売されるまで放置する
  2. 銀行や金融機関など債権者の指定する不動産業者に任意売却を依頼する
  3. 弁護士・司法書士など、法律の専門家に依頼する
  4. 住宅ローンSOS エムズコンサルタンツのような競売対策専門の不動産業者に依頼する

1.の「競売されるまで放置する」は当サイトをご覧になっている方には問題外ですが、中には自責の念をもって競売の「その日」を待たれる方や誰も信用出来ずに何もしないでいる方がたくさんいます。そんな方にもこれから、いつ、何が、どうなるのか?ぐらいは知っていた方がいいかもしれません。不安になったらいつでもお問い合わせください。

2.の「債権者の指定する不動産業者に任意売却を依頼する」ですが、この場合、一般的には、債権者主体に物事が進みますから、引越代などでお金が手元に残る可能性は低く、残債務に対しても月に1万円程での交渉が難しく、月3〜4万円になりがちです。 自宅を手放したうえで、引越し先のアパート代プラス月3〜4万円はかなり難しいかと思います。 早めの対応 という点では競売よりはいいでしょう。

3.が、やはり一般的には、「法律の専門家」に依頼した方が、安心だという気持ちは、よくわかります。
ただ、弁護士さんや司法書士さんは、直接不動産の売買はできないため、基本的には、知り合いの不動産会社に頼むことがほとんどです。
そうなりますと、破産などの依頼料で20〜50万円お支払いした上、結局は不動産会社が間に入るという状況になると思います。場合によっては不動産仲介料を請求された方もいます。どんな不動産会社が間に入るかと思うと不安ですね・・・
また弁護士さん司法書士さんの中には、「任意売却」についてあまりご存知でない、とか面倒だ、とか任意売却すると破産出来ないといういい加減な事を言う先生もいます。
その場合、「競売」の方が長く住めるので良いです、という甘い?言葉で、「競売」にした後、「自己破産」すれば「免責」もおりるので、残債務の心配もないです。
という、アドバイスをされる先生も今までたくさんいました・・・。
そうなりますと、あなたは依頼料を支払った後、再度「自己破産」の費用をお支払いしなければならなくなります。その費用はいったいどこから出るのでしょうか??
自己破産は任意売却をした後でも出来る場合が多いです。ただ、任意売却競売になってしまう前にしか出来ないのです! 任意売却をして手元に少しでも現金を残してから自己破産や債務整理をなさったらよいのではないでしょうか? 順番を変えるだけでいいのです。くれぐれも弁護士の都合に合せてあなたの利益を失わないでください

4.の「エムズコンサルタンツのような専門の不動産業者に依頼する。」ですが、専門業者といっても様々な業者がいますから、最初は不安もたくさん感じると思います。
我々エムズコンサルタンツでは、今までの実績と経験に基づいて、債権者に対して強気に話しを進めることが出来ますし、弁護士や司法書士などとの連携も強力ですので、あなたの希望にそって残りの債務の相談や債権者との交渉を行うことが可能になります。

ちなみに・・・
専門の不動産の業者の中では、下記のような業者には、気をつけた方がいいでしょう!!
(自称、専門業者さんが多過ぎですが・・)

  • 引っ越し代を100万円あげます。」などとあなたに都合のいいお話やお金で引き付けようとする。
  • 店舗を持たなかったり、不動産の免許を持っていない業者。
  • あなたの意思を無視して、業者のペースでどんどん話が進んでしまう。
  • 書面によるやりとりをせず、口約束で済ませてしまう。

以上より、総合的に考えてどこに頼むのかをできるだけ早く判断して下さい。
時期が早ければ、あなた自身の選択肢もいろいろ可能性は広がりますが、遅くなればなるほど、選択肢が限られてしまいます。
関東近郊、茨城・栃木で売却を決められたのであれば、すぐに住宅ローンSOSエムズコンサルタンツへ一度ご連絡ください。

任意売却について 任意売却相談HOME

無料電話相談

任意売却

任意売却の流れ

はじめはみなさん「めんどくさそう」とか「手続きが煩雑そう」と感じていたようですが、売主であるあなたにやっていただくことはそれほどありません。 私たち住宅ローンSOSエムズコンサルタンツにご依頼いただいた全てのお客様が「こんなに簡単に解決出来るならもっと早く頼めばよかった」とおっしゃっています。
また、ほかにも「ほとんどエムズさんにやってもらって楽だった」。「取引の日程が決まるまで自分が競売にかけられていたのを忘れてた」というお客様の声もいただいております。

それでは一般的な任意売却の流れをご説明します。リースバックや買戻しなどでご自宅に住み続ける場合は若干異なります。
1.無料相談
1.あなたが現在どのような状況なのか、今後どうしたいのかのご希望を住宅ローンSOSエムズコンサルタンツ代表の宮口が具体的にお伺いします。
2.現状分析
2.お伺いしたお話しの内容を元に現状を分析し、あなたにとってベストな方法をご提案したします。
3.専任媒介契約
3.ご提案した内容や方法に納得して頂いた上で、あなたと弊社で専任媒介契約を結びます。お借入が住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合、任意売却の申出書に記載いただきます。
※費用は一切かかりません。
4.不動産査定
4.近隣地域の相場や需要と供給の推移、その他、地元に精通した弊社のデータを基に、ご自宅の価格査定を行います。
5.債権者との交渉
5.専門知識と経験豊富な弊社スタッフがあなたに代わって金融機関等の債権者と交渉をします。
6.不動産売買契約
6.買主が見つかり、債権者の応諾をもらったら、購入希望者とあなたで売買契約を締結します。引越しの時期もここで調整します。引越し費用もここで確定します。
新生活のスタート
7.債権者に抵当権の抹消や競売の取り下げをしてもらいます。同時に残債務の支払についての話し合いをします。
任意売却完了。気持ちを切り替え、手元に残った引越し代・余剰金で新生活をスタートさせます。

任意売却について 任意売却相談HOME

残った債務も和解の可能性アリ!

無料電話相談

私たち専門家も応援しています

不動産のお悩み相談マガジン

任意売却について 任意売却相談HOME

専門家Webガイド マイベストプロ東京

代表宮口のブログ

宮口のツイッター

法テラスのホームページへ

裁判所のホームページ

住宅金融支援機構のホームページ

専門家プロファイル

モバイルサイトQRコード

スマートフォンサイトQRコード